バストのアンチエイジング法

もともとわたしは痩せ型体型なのですが、バストサイズは小さすぎず、大きすぎずで丁度良いサイズでした。
40代になった時ある日突然、自分の胸の変化に気づきました。
明らかにサイズもしぼんで小さくなっているし、位置も下のほうに下がっています。今まではちゃんとハリがあり、Tシャツやニット、ブラウスを着てもある程度バストのハリが目立っていたのですが、一見するとぺたんこに見えます。
自分の年齢を思い知らされた瞬間でした。

 

40代に入ると肌や髪、体力などさまざまなところに年齢を感じていましたが、ついにバストにも年齢が出てしまうのかと衝撃を受けました。
でも、まだまだ年齢だからと言ってあきらめたくありません。少しでも加齢を食い止め、ハリのあるバストを取り戻すために、バストの若返りを目指すことにしました。

 

まず一番思い当たることは、下着です。
下着はサイズが合わないものをしていると、バストの形が崩れるといいますが、わたしは自宅にいる時は下着をつけていませんでした。ちょっと近所へ買い物に行く時など、冬はコートを着るのをいいことにそのまま出かけていました。
これではバストの形が崩れるのも無理はないですね。
しかも、20代から30代の頃は、少しでもバストを大きく見せたくて、大きなパットの入ったワイヤータイプの下着をつけていました。
30代の後半頃に、「近所へのおでかけ用」としてワイヤレスブラを買ってみたら、あまりにも楽なので毎日つけるようになってしまい、今ではついにそれがブラトップになりました。
ブラトップとは「リラックス用」なのに、常にそれをつけるようになってしまったのです。
まずは下着から見直すべく、久しぶりにお店できちんと採寸してもらい、サイズの合ったブラを毎日正しくつけるようにしました。

 

そして次に、筋力アップのためのエクササイズです。
大胸筋を鍛えることでバストが垂れるのを防止することができるため、自宅でできる簡単なエクササイズをお風呂上りにしています。
また、姿勢が悪くなることによって胸のまわりの血流が悪くなり、バストに栄養が行き渡らなくなってしまうため、姿勢良く歩くことを心がけています。

 

そして、食生活も見直しました。
バストの張りを保つのは、エストロゲンという女性ホルモンです。
加齢や生活習慣によりホルモンバランスが崩れてエストロゲンの分泌が減少すると、バストが垂れてハリがなくなる原因になってしまいます。
女性ホルモンと似た働きを促すといわれる大豆製品や卵、ナッツ類を積極的に摂ることで女性ホルモンの分泌が活発になり、ハリのあるバストを保つことができます。また、血流をよくするためになるべく体を冷やさないようにして、半身浴、冷えとり靴下、白湯を飲むなどして冷え性改善を目指しています。

 

以上のように意識して改善したことによって、幾分バストにハリが戻ってきました。
食生活の見直しや、冷え症改善、エクササイズ、姿勢を意識するなど、バストだけでなく健康面、美容面、アンチエイジングとしても効果があるため、続けることによって老化を防止して、いつまでも若々しくいられることができると思います。
今後も毎日続けて、ぜひ若返りを目指したいですね。